header_logo.GIF

海外から長期に渡り固定価格でバイオマス原料を供給できます。

気楽にグローバル・シーにお問い合わせください。

最近の記事
(01/22)2019-1-22
(01/22)2019-1-21
(01/22)2019-1-20

2017年12月19日

サイエンテックス、ジョ州の土地を取得 NNA.ASIA


サイエンテックス、ジョ州の土地を取得

マレーシアの包装材・不動産開発業者サイエンテックスは、ジョホール州ジョホールバルの土地を地場農園企業から2億8,419万リンギ(約78億3,200万円)で取得した。


購入した土地の面積は335.57エーカー(約135万8,000平方メートル)。ニュー・ストレーツ・タイムズ(電子版)

posted by Mark at 10:31| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

マレーシアで国民車「マイヴィ」をフルモデルチェンジ

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000053.000016361.html

ダイハツと、マレーシアとの自動車生産・販売の現地合弁会社であるプロドゥア
(セランゴール州)は、国民車「マイヴィ」を11月16日にフルモデルチェンジし、発売した。

スタイリングとアッパーボディ開発をプロドゥアが担当。エンジンは、アセアン向け次世代エンジンである「1NR-VE(1.3L)」と「2NR-VE (1.5L)」のラインナップとして、全グレードで、同国のエコカー政策であるEEV(Energy Efficient Vehicle)政策に適合する高い燃費性能とした。
posted by Mark at 15:00| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国電力がマレーシアで発電事業受注 21年間運営


韓国電力と現地企業のコンソーシアム(企業連合)が建設し、21年間運営して投資費用を回収する。総事業費はおよそ10億ドル(約1130億円、資本金は2億ドル)で、韓国電力の出資比率は25%。2023年の商業運転開始を目指して建設する。
posted by Mark at 20:08| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

Tタイ=PTTEPがマレーシアLNG事業に資本参加


PTTGL)7月、マレーシアのペトロナスLNG9の株式10%を取得した。PTTGLはタイ国営石油(PTT)傘下のPTT石油・天然ガス開発公社(PTTEP)の子会社で、マレーシアLNG9は国営ペトロナスの子会社。今回のPTTGLの出資額は5億米ドルとなる。

 

 タイは自国の天然ガスが枯渇するため、世界で天然ガス、特に液化天然ガス(LNG)の調達を進めている。タイがLNGの生産プロジェクトに資本参加するのは今回が初めてとなる。ペトロナスLNG9LNG生産基地はサラワク州ビンツールにあり、今年1月から生産を開始した。生産能力は年間360万トン。出資比率はPTTGL10%を除くと、ペトロナス80%、日本のJXTGエネルギーが10%となっている。

posted by Mark at 22:30| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

日立物流/マレーシアに7500m2の新規チルドセンターを開設予定 他

日立物流/マレーシアに7500m2の新規チルドセンターを開設予定 ... 日立物流は11月6日、マレーシアのニライ工業団地に「ニライ チルドセンター」を、2018年11 ...
日立物流、マレーシアにチルドセンター新設 - LogisticsToday


養鶏CAB、インドネシア・サリムと合弁へ
NNA.ASIA
マレーシアの養鶏・冷凍食品生産会社CABチャカラン・コーポレーションは、来年前半にインドネシアで養鶏場の建設に取り掛かる計画だ。同国の華人系財閥 ...



地場クロノロギ、人工知能分野の開発強化
NNA.ASIA

マレーシアの法人向けデータ管理(EDM)サービス業者、クロノロギ・アジアは、人工知能(AI)と付加分析による最先端技術の開発に取り組んでいく意向だ。6日付 ...

所得税率引き下げ、13億リンギの税収減に
アジアエックス
ジョハリ氏は、格付け会社や国際通貨基金(IMF)、世界銀行が来年の世界およびマレーシアの経済について、持続的成長を予想していることを指摘。「世界経済が ...

EPFなど、外資系保険の株式取得計画
NNA.ASIA
マレーシアの公的年金に当たる従業員積立基金(EPF)は、マレーシアに進出する外資系保険会社2社の株式を取得するため、交渉や資産査定を進めている。6 ...

ウェブ
オウケイウェイヴ
NewsPicks
OKWAVE(オウケイウェイヴ)は、株式会社オウケイウェイヴが運営しているナレッジコミュニティである。2005年10月17日に「OKWeb」(オーケイウェブ)から改名 ...

クアラルンプール−福岡線検討=マレーシア格安エアアジアX
NewsPicks
【クアラルンプール時事】マレーシアの格安航空会社エアアジアの系列会社で長距離国際線を運航するエアアジアXがクアラルンプール−福岡線の開設を検討し ...

日立物流/マレーシアに保冷専用施設。延べ床面積7500平方メートル
日本海事新聞
日立物流は6日、マレーシア・ヌグリスンビラン州のニライ工業団地に冷凍・冷蔵品の保管・配送専用センター「ニライチルドセンター」(延べ床面積約7500 ...
posted by Mark at 10:37| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

マレーシア国営石油社長、LNG転売規制撤廃「守る」

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22940160R31C17A0TJ2000/

マレーシア国営石油ペトロナスのズルキフリ・アリフィン社長は31日
液化天然ガス(LNG)の転売先を制限する契約の撤廃について
「順守する」と発言した。

日本の電力・ガス会社が余剰分をアジア諸国などに転売できるようになり、
収益の安定につながる可能性もある。

資源国の転売規制にはLNGを供給できる国を制限する狙いがある。
10年以上の長期契約で販売先を確保し、巨額の開発資金を回収してきた。
転売規制がなくなれば、日本の電力・ガス会社は余ったLNGをアジア
諸国に売るなどトレーディング(売買取引)事業への道が開ける。

転売規制がない契約では価格を高くすることも示唆した。

 一方、日本政府がLNG受け入れ基地などのインフラをアジアに
輸出する政策については「歓迎する」と言及。

マレーシアはLNG輸出国として台頭する米国よりも「アジアの
需要地に近く、有利だ」と強調した。

LNGプラントの設備投資が細っていることに懸念を示した。
posted by Mark at 17:27| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする