header_logo.GIF

海外から長期に渡り固定価格でバイオマス原料を供給できます。

気楽にグローバル・シーにお問い合わせください。

最近の記事
(01/22)2019-1-22
(01/22)2019-1-21
(01/22)2019-1-20

2018年10月24日

マレーシア・ジョホール州の都市開発 −国境を越えて拡大する経済圏−(2018年10月18日)

マレーシア・ジョホール州の都市開発 
−国境を越えて拡大する経済圏−(2018年10月18日)
https://www.jetro.go.jp/tv/internet/2018/10/1402f7439b08d001.html

<内容>
マレーシアのジョホール州で巨大な開発プロジェクトが進んでおり、隣接する
シンガポールから拠点を移す動きも見られます。現地でビジネスを拡大させる
企業の取り組みを追いました。

posted by Mark at 20:10| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

大規模バイオ発電実現へ ユナイテッド計画が資本増強 秋田魁新報

バイオマスのユナイテッド計画、三井物産系から20億円調達
同社は関連会社のユナイテッドリニューアブルエナジー(URE、秋田市)を通じてバイオマス発電を手掛けており、今後、東北で大規模なバイオマス発電 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
バイオマスで地域活性化 ドイツのブリロン市、大阪の能勢町と交流
スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。 ブリロン市はドイツ中西部のノードラインヴェストファーレン州に位置し、人口約2 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
塩尻市に小水力発電所、信濃川系奈良井川の流水を利用
塩尻市では、木質バイオマス発電所の整備を含む「信州 F・POWERプロジェクト」を推進しており、将来的には地域電力会社の設立によるエネルギー地産地消も ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
大規模バイオ発電実現へ ユナイテッド計画が資本増強
現在計画中の大規模バイオマス発電所の開設や高効率燃料の開発などに充て、株式上場を目指す。ただ発電所の建設予定地については、環境アセスメントの ...
posted by Mark at 11:50| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

マレーシアへの進出・輸出を目指す皆さまへ」   クアラルンプール事務所 村田 将 

マレーシアでは、5月9日の総選挙において、大勢の予想を覆し、当時の野党
連合であった希望同盟PHが過半数を獲得、1957年の独立後、初めての政権交代
となり、その野党連合をまとめあげたマハティール首相が、92歳にして国政に
返り咲きました。

 マレーシアは「天然ガスやパーム油の輸出を主とする資源国」というイメー
ジがあるかもしれませんが、その実態は、「輸出品目の4割を電気・電子製品
が占める製造業の国」で、「一人当たりGNIが約1万ドルの豊かな国」です。

<コラムの続きはこちらから!>
https://www.jetro.go.jp/mail5/u/l?p=5qDn1a42F-4sf9eigmAPWwZ

posted by Mark at 07:52| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

2018-3-12


マレーシア
毎日更新  2018年3月12日
ニュース 
転職支援プラットフォームのgrooves、マレーシアに現地法人を設立−−代表の池見氏自ら現地に移住 ...
転職支援プラットフォームを運営する grooves(グルーヴス)は9日、同社初となる海外現地法人をマレーシアに設立、Grooves Asia Sdn.Bhd. として3月から営業を開始したことを発表した。同社では、エンジニアパフォーマンス・データベースの「Forkwell」などを提供しているが、マレーシア現法では Forkwell を通じて日本向け ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
TPP11署名、マレーシアが最大の恩恵国
TPPはマレーシアや日本など11カ国が署名。各国が国内手続きを加速させると表明したことで、発効が従来想定されていた2019年の早い時期から、18年中に繰り上がる可能性もあるとみられている。ムーディーズは、米ピーターソン研究所(PIIE)の報告書を基に「マレーシアは新たな貿易協定でカナダやペルー、メキシコのよう ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
《日系進出》転職支援グルーヴス、マレーシア進出
転職支援プラットフォームを展開するグルーヴス(東京都港区)は9日、マレーシアに現地法人グルーヴスアジアを設置し、今月から営業を開始したと発表した。同社の海外展開は初となる。マレーシアを足がかりに東南アジア諸国連合(ASEAN)地域における「アジア高度人材紹介プ… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
ベルジャヤ、セブンイレブンの株式売却
マレーシアのコングロマリット(複合企業)のベルジャヤ・コープの不動産部門、ベルジャヤアセットは9日、マレーシアでコンビニエンスストア「セブン―イレブン」を経営するセブン―イレブン・マレーシア・ホールディングスの株式1.4%を売却したと発表した。ベルジャヤ・コープの… 関連国・地域: マレーシア/日本. 関連業種: ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
政府、生活物資に年20億リンギ補助
マレーシアのハムザ・ザイヌディン国内取引・協同組合・消費相は8日、連邦下院での答弁で、政府が毎年、基礎食料品など生活物資の価格維持を図るため、最大20億リンギ(約545億円)の補助を行っていると説明した。9日付マレーシアン・リザーブが伝えた。 補助対象は砂糖、小麦粉… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
マレーシア、地場鉄鋼に対する特恵関税復活
マレーシアがインドネシアの鉄鋼メーカー、グヌン・ラジャ・パクシ(GRP)が製造する熱間圧延鋼板に対する特恵関税を約10年ぶりに復活する。インドネシア貿易省が8日、マレーシア政府から通知があり、12日から適用されると発表した。特恵関税の適用を受けるには原産地の証明が… 関連国・地域: マレーシア/インドネシア.
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
イオン、18年は10〜20%増収を目標
イオンマレーシアは、2018年通期の業績目標として売上高の前年比10〜20%増を掲げている。目標達成に向けて新たな販促キャンペーンを開始する。9日付マレーシアン・リザーブが伝えた。 イオンマレーシアは先ごろ発表した2017年12月通期決算は、売上高が前期比1.7%増の40億8,816… 関連国・地域: マレーシア.
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
ホンリョン銀、中小企業融資でCGCと提携
マレーシアのホンリョン銀行はこのほど、マレーシア信用保証公社(CGC)と戦略提携し、中小企業向けに2億リンギ(約54億5,000万円)の融資を行うことで合意した。9日付スターが伝えた。 ホンリョン銀は、CGCが中小企業の事業内容に応じて融資保証を行う「ポートフォリオ保… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: 金融・ ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
TPP閣僚声明ポイント
... 【共同】環太平洋連携協定(TPP)参加11カ国の閣僚声明のポイントは次の通り。 一、高い水準でバランスの取れた成果を達成し、協定がアジア太平洋で貿易や投資、経済成長を促進。企業や消費者、農業事業者、労働者に新たな機会を創出する。 一、協定は効果的でルールに基づく… 関連国・地域: マレーシア/ ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
タンチョン、日産アーバンの新モデル投入
日産車のマレーシア販売代理店であるエダラン・タンチョン・モーター(ETCM)は9日、商用車「アーバンNV350」のフェースリフト・モデルを市場投入したと発表した。 今回のフェースリフトでは、新たにVモーション・シグネチャー・フロントグリルを備えたほか、フロントバン… 関連国・地域: マレーシア/日本. 関連業種: 自動車・ ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
ウェブ 
マレーシア】TPP11署名、マレーシアが最大の恩恵国[経済]
マレーシア】TPP11署名、マレーシアが最大の恩恵国[経済] 米大手格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、8日にチリで署名された環太平洋連携協定(TPP)について、「マレーシアは最大の恩恵を受ける」との認識を示した。TPPを通じた実際の収入に関して...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 




posted by Mark at 15:25| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

2018年を女性活躍推進年と宣言(マレーシア)

マレーシアにおける女性の労働参加率は約53%で、他の東南アジア諸国連合
(ASEAN)加盟諸国と比べて低い水準にとどまっている。育児や介護などによる
離職、託児施設の不足、ワーク・ライフ・バランスがとれた職業へのアクセスが
制限されているなど、日本とも類似する状況を抱えている。政府は、今後の発展
には女性の活躍が不可欠として、2018年を「女性活躍推進年」と定めた。男女格
差の是正に取り組む事例が増えている。女性活躍に関するマレーシアの現状を概
観する。
https://www.jetro.go.jp/mail5/u/l?p=XbqmxFc5Lt9M3sPS2pKbaAZ

posted by Mark at 13:56| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

供給可能なバイオマス原料 by グローバルシー

グローバル・シーはWood Pellets, Wood Chip Lignin, PKS, ココナツシェル、遺伝子組み換え大豆油、パーム油、PAO, カシューナッツオイル、廃食油(UCO)を供給可能です。 

供給先は、インドネシア、マレーシア、フィリピン、 タイ、ベトナム、ペルー、カナダ、南アフリカ等です。 

PKSは年間96万トン、Wood Pelletsは年間59万トン、 パーム油は年間60万トン供給可能です。 

バイオマス発電は、FIT価格で20年間固定で売値が決まって いますが、その原料価格は日々変動します。 

グローバル・シーでは、長期に安定的に固定価格で供給 するために、バイオマス発電所とバイオマス原料供給先と 投資家をつなぐ橋渡しをしています。 

具体的にはインドネシアでPAO(パームアシッドオイル)を 長期に購入し、そこからRBDパーム油同等品を生産し、 パーム発電所に供給するというスキームで、1工場で3億円投資で 月600トン生産する精製工場を10−100造る計画です。 また、マレーシアに2か所のパームプランテーションの売り物件が あります。 

今回、これらの事業に投資して頂ける投資家を探しています。 ご興味のある方は、グローバル・シーまでお問い合わせください。 

ご参考までに直近の供給可能なバイオマス原料一覧を添付します。 供給可能なバイオマス原料一覧.pdf
posted by Mark at 14:58| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

ウッドペレットを20年間固定価格で納入します。

グローバル・シーは、提携しているインドネシア・スマトラ島の
プランテーションから2020年1月より20年に渡りウッドペレットを
固定価格($160/MT)でご提供いたします。

数量は月2万トンで、アカシア科のケマルパヤンを植林します。
FSC認証も可能です。

全量契約されなくても、購入される数量の10−30%位を
この契約でリスクヘッジして頂ければ、将来的に価格が上昇
しても対応可能です。

詳しくは、グローバル・シーにお問い合わせください。
info@global-c.biz
posted by Mark at 15:12| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

駐日マレーシア大使館・総領事館

マレーシア大使館
Embassy of Malaysia in Japan
〒150-0036 渋谷区南平台町20-16
電話:03-3476-3840
特命全権大使:ダト・モハメッド・ラジィ・アブドゥル・ラーマン 閣下
His Excellency Dato' Mohd. Radzi Abdul Rahman

在福岡マレーシア名誉総領事館
Honorary Consulate-General of Malaysia in Fukuoka
〒815-0041 福岡市南区野間1-10-13-401
電話:092-554-3620
名誉総領事:大塚基博 氏
Mr. OTSUKA Motohiro
管轄区域:九州

在大阪マレーシア名誉総領事館
Honorary Consulate-General of Malaysia in Osaka
〒571-8501 大阪府門真市大字門真1006 松下電器産業株式会社 内
電話:06-6906-3101
名誉総領事:松下正治 氏
Mr. MATSUSHITA Masaharu
管轄区域:滋賀、京都、奈良、和歌山、大阪、兵庫

posted by Mark at 01:14| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

AUTOMECHANIKA MALAYSIA 2009(マレーシア自動車部品展示会のご案内)

現在の世界経済は急速なレベルでグローバル化の時代を迎えております。自動
車関連産業もその荒波に揉まれ、自動車メーカー・部品メーカーがグローバルな
レベルでの進出や業務提携を行っております。 そのような世界状況の中、200
9年3月25日〜28日、マレーシア・クアラルンプールにてマレーシア自動車
部品展示会(AUTOMECHANIKA MALAYDIA 2009)が開催されます。
 AUTOMECHANIKA MALAYSIA 2007(2007年開催)ではアジアを中心として
18カ国151社が出展し、バイヤーを中心として60カ国から54,000人
以上が来場する、アジア最大級の自動車関連部品トレードショーとしての実績を
残しております。

AUTOMECHANIKA MALAYSIA 2009 開催概要
◆会場:クアラルンプールコンベンションセンター ( KLCC )
Kuala Lumpur City Centre, 50088, Kuala Lumpur, Malaysia.
◆会期:2009年3月25日(水)〜 3月28日(土)
◆主催: Messe Frankfurt (H.K.) Ltd (メッセフランクフルト)
◆後援: MATRADE (マレーシア貿易開発公社)
     MATRADEはマレーシア製品の輸出促進を行う公的貿易促進機関です。
     東京・大阪事務所では現地メーカーと国内輸入企業とのビジネス・
     マッチングを主体とする活動を行っており、AUTOMECHANIKA MALAYSIA
の共催団体でもございます。MATRADEは国内のバイヤーの皆様をAUTO
MECHANIKA MALAYSIAにご招待し、会期中、希望商品をヒアリングした上、
最善の商談会をアレンジさせて頂きます。

◆AUTOMECHANIKA MALAYSIA 2009 商談ツアー日程(仮)
3月24日(火)マレーシア到着
3月25日(水)個別商談会 (マレーシア貿易開発公社にてご昼食をご用意)
3月26日(木)展示会視察 (各自)
3月27日(金)各自個別ミーティング後、帰国

◆ご参加いただけるバイヤーの皆様への特典
1.宿泊手配および費用の全額補助:2009年3月24日〜27日
  (1社1名様 最大3泊)
2.空港からの送迎手配および費用の全額補助

AUTOMECHANIKA MALAYSIA 2009にご興味のある方、もしくは上記内容にご不明
な点がございましたら、マレーシア貿易開発公社大阪事務所までお気軽にお問い
合わせくださいませ。
◆お問合せ:マレーシア貿易開発公社(MATRADE)大阪事務所
      〒530−0001大阪市北区梅田3−4−5 毎日インテシオ18階
      TEL:06−6451−6520 FAX:06−6451−6521
      E−mail :osaka@matrade.gov.my  担当: 橋詰 

posted by Mark at 18:16| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする